【低学年必見!】学校の宿題と受験勉強の両立 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2017年 6月 21日 【低学年必見!】学校の宿題と受験勉強の両立

みなさんこんにちは!

今日は小松がブログを更新します!

最近本格的に梅雨入りして辛いですね…

今日もなので憂鬱ですが、東進には関係ありません!

しっかりと校舎に来て、受講・高速マスターに取り組みましょう!

さて、そろそろ今日の本題に入りましょう!

今日は

「宿題と受験勉強の両立」

です!

まずは、

「宿題」

をみなさんどう捉えていますか?

先生が出すめんどくさいもの?それとも、成績のためにやらなきゃいけないこと?

いろいろあると思います。

私は「宿題」は

『受験勉強のための基礎学力の定着』

のためにあると思います。

宿題は学校の先生が出しますよね?

学校の先生が出すってことは何らかの意味がありますよね?

その意味を、私は「基礎学力の定着」にあると考えます。

センター試験の問題は教科書の内容が問題になります。

すなわち、学校で扱う内容の勉強が大事になってくるわけです。

しかし、学校では時間が限られているので全てを終わらせることはできません。

そこで効果を発揮するのが宿題です。

時間において、授業は〇分と決められていますが、宿題は決まっていません。

すなわち、自分のペースで取り組むことが出来ます。

そこで、授業では理解ができなかった箇所の復習や、実践的な応用問題の演習など、を積み重ねていくことで基礎学力が定着するわけです。

よく、提出日が近づいてきて、提出するためだけにその場しのぎで宿題をしている人を見かけますが、それでは非常にもったいないです。

学力が定着するように早め早めのうちから宿題には取り組むようにしましょう!

長くなりましたが、これだけは知っておいて下さい!

「宿題は、受験勉強のための基礎学力の定着」

ただいま東進では、招待講習を行っています。

今すぐのお申し込みで、最大75,600円分の授業を無料でご案内!

高1,2年生はこちらから!

高校3年生はこちらから!

その他、体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584