【ブログ総選挙実施中】現代文三種の神器 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2017年 8月 14日 【ブログ総選挙実施中】現代文三種の神器

みなさんこんにちは!

最近土気校では

「ブログ総選挙」

なるものがはやっているらしいですね。

 

僕は争いごとが嫌いなので、

投票とか特に興味ありませんが。

 

今日このブログを見てくれた方は、

「戸田 健太郎」に投票しても良いですよ。

(投票してください!!!!!!!)

 

 

こんな茶番はさておき、

本日のテーマは

「現代文の三種の神器」

です!

 

戸田といえば“現代文”ですが(そうであってほしい笑)、

現代文で困っている方、多いのではないでしょうか。

 

確かに、現代文は点数も安定しにくく

急激に伸びたりすることもない。

復習の方法は?点数に直結する勉強法は!?

なんて声も少なくありません。

 

悲しいことに、現代文は“センス”

“読書”している人が高得点を取ることが出来る。

そうかもしれません。

 

いや違います。

これから紹介する3つの“武器”をゲットすることにより

格段に現代文を読み解く力は向上します。

 

ただし、あくまで戸田の持論ですので、

ふーん。くらいで見ていただければなと思います!

 

それでは早速、

これらが現代文“三種の神器”です!

 

①語彙力

②読解力

③解答力

 

これらを持ち合わせた人が

現代文で安定して高得点を取ることが出来るはずです!

 

特にみなさんに考えてほしいことが、

“自分がこの三つの中のどの部分が欠如しているか”

ということです。

 

それぞれ簡単に説明すると、

 

①語彙力

→漢字をはじめとした、現代文に頻出の用語の知識

 

②読解力

→文章の内容を理解して、自分の言葉にできる力

 

③解答力

→正解の選択肢を選び抜く力、正解の根拠を見つけ出せる力

 

 

それぞれの項目には

それぞれの勉強法があります!

 

ただ、このブログでは

①語彙力

に焦点を当てていきたいと思います。

 

3つやりたいところですが、

長くなってしまうので、

他のも聞きたいという人は

(ポチッと投票をしてから)戸田のところまで!笑

 

現代文がうまく読み解けない原因として

「語彙力」が大きな原因になり得ることがあります。

 

大学入試の現代文では、

難しい用語表現などがたくさん使用されています。

 

特に評論では“テーマ”によって

頻出の単語があります。

言葉の意味がわからない=内容がわからない

つまり

“筆者の主張がうまく読み取れない”

ということに繋がります。

 

たかが「単語」くらいで・・・

って思っている人いませんか?

 

それじゃあ質問です。

英語の単語

古文単語

わからなかったら文章読めないですよね?

現代文だって同じですよ!

 

大抵の現代文嫌いの症状の人は

①語彙力

に大きな原因がある傾向にあります!

 

 

これはセンター本試験2015の第1問ですが、

意外にも頻出の単語って

たくさんちりばめられているんですよねー

 

比較的簡単な単語もあれば

あまり聞いたことの無いような単語まで

本当に様々です。

 

具体的な対策方法としては

「現代文の単語帳を読む」

ということです!

 

なんの捻りもありませんね。笑

 

一日に15~20分程度

目を通すだけでも全然違います!

 

現代文の単語帳には

現代文で頻出の言葉だけではなく、

現代文で頻出のテーマ(科学論、芸術論、哲学論など)

に関しての解釈が載っていたりします!

 

現在解いている過去問に平行して

現代文の単語帳に触れましょう!

 

冒頭でもお話したとおり、

劇的に点数が伸びることは難しいかもしれません。

しかし

“継続は力なり”

しっかり続けた人にだけ

結果はついてくるものです。

 

今回のブログ

多少はお役に立てたでしょうか?

 

現代文は実は面白い科目です。

国語力というものは

全ての教科に通ずると言っても過言ではありません。

 

 

気になることがあれば

いつでも「戸田」まで質問しにきてください!

 

投票もよろしくお願いします!(土下座)

 

 

 

******

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584